« 三十三間堂~蓮華王院へ | トップページ | 石清水八幡宮~灯燎華へ »

2013年5月 9日 (木)

豊国神社(とよくに)へ

三十三間堂から北へ少し行くと豊国神社です。秀吉さん所縁の地にはいくつも同じ神社あるようで読みは(とよくに)と(ほうこく)と呼ばれています。大阪城にある神社は(ほうこく)で京都七条では(とよくに)です。


この耳塚も方広寺の境内にあったものですから方広寺の境内は相当に広かったのでしょうね

Rdsc07177_1024

右の巨大な石垣が豊国神社の境内です。

Rdsc07178_1024

いい感じの風景です。

Rdsc07179_1024



Rdsc07180_1024

国宝の唐門です。伏見桃山城の遺構と言われていますが国宝です。

国宝の指定を受けている唐門は他にも西本願寺や醍醐寺にもありますね

Rdsc07181_1024

奥に拝殿が・・・

Rdsc07185_1024

方広寺の大梵鐘です。

Rdsc07182_1024

巨大・・・

Rdsc07183_1024

梵鐘の大きさは梵鐘のみの画像では伝わらないのですがタイミングよく見学の方がいたので・・・

Rdsc07184_1024

境内の稲荷社

Rdsc07186_1024

軽く散策を終えて鴨川方向に歩いていきます。

Rdsc07187_1024

耳塚と呼ばれる供養塔ですね、朝鮮との戦争ですが朝鮮は中国の属国であったので明と朝鮮の連合軍との戦いですが、日本の国内で秀吉さんが亡くなった事を受けて秀吉軍が撤退して、秀吉さんが「唐行き」と呼んだ戦争も終わりました。

Rdsc07189_1024

料理屋さんの軒には鐘馗(しょうき)さんが乗っています。


Rdsc07190_1024

鴨川まで出ました。大きな鯉が泳いで・・・


Rdsc07191_1024

いい感じの5月の風がゆっくりゆっくり流れて


Rdsc07192_1024




Rdsc07193_1024

京阪七条駅の通路にある壁画が三十三間堂ですね

さてこれから石清水八幡宮の灯燎華に向かいます。

« 三十三間堂~蓮華王院へ | トップページ | 石清水八幡宮~灯燎華へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊国神社(とよくに)へ:

« 三十三間堂~蓮華王院へ | トップページ | 石清水八幡宮~灯燎華へ »

フォト
無料ブログはココログ